京都市左京区で診療。安心で安全な中絶手術・緊急時の避妊のご相談、ピルの処方。お気軽にお問合せください。

お問合せ・ご予約:075-781-5216

緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)

モーニングアフターピルの役割

緊急避妊ピルとは、避妊を怠った時に妊娠を防止する緊急措置方法です。
もっとも一般的な方法は緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)です。

2011年5月24日に新薬が発売となり、より副作用が少なく、確実な避妊効果を得られるようになりました。
当クリニックで処方を行っております。

モーニングアフターピルには、新しい1回法(ノルレボ法)と昔からある2回法( ヤ
ッペ法)の2種類があります。

どちらの方法を使うかは、診療時に個々の体質や体調、排卵期の確認などを相談し
ながら、メリット・デメリットをお話しした上でより安全で確実な方法を選択して
いきます。

緊急避妊ピル(1回法と2回法)の使用方法

緊急避妊ピルは避妊目的で使う経口避妊薬と同じ女性ホルモン剤です。
但し、通常の使用方法とは違い緊急避妊ピル独自の内服方法となります。

ノルレボ法・・・世界中で使用されている緊急避妊薬です。
当院では安全性、効果からノルレボ法による緊急避妊法をお勧めしております。

  【旧】2回法 【新】1回法
プラノバール(ヤッペ法) ノルレボ
飲み方 24時間以内に1錠
再度12時間後に1錠
合計=内服2回、2錠
プラノバール(ヤッペ法)
72時間以内に1錠を1回

合計=内服1回、1錠
ノルレボ
失敗率
(妊娠率)
12.6% 1.34%
料金 安価 高価

よくある質問

どうすれば手に入りますか?
よくある質問
当院の場合、問診を行い、特に問題無ければ、すぐに処方します。
内診などの検査は不要です。
緊急避妊ピルの副作用は?
よくある質問
緊急避妊ピルの主な副作用は吐き気、嘔吐、頭痛です。
これらは通常24時間以内におさまります。
中絶手術(子宮内容除去術)に比べれば、麻酔に伴うリスク、身体的リスクや、経済的、精神的な負担は格段に低いといえます。
緊急避妊後はどうしたらよいですか?
よくある質問

緊急避妊で悩まれた方は普段から低容量ピルを使用されることをお勧めします。
低容量ピルはヨーロッパでは全女性の1/3が使用しており、世界的にとても一般的なものです。

ピルは生理痛、生理不順、ニキビ、多毛症、貧血などを治す効果があります。
当院では、子宮内膜症の治療でいらした大勢の患者さんが低容量ピルの服用で、「妊娠の心配が無くなった上に生理痛とニキビも同時に治ったと」喜んでいらっしゃいます。
またピルは太るのではと心配される方がいますが、太っても0.5kgくらいです。